【ガルパン】西住みほ「私がマカロンが好きな理由」

【ガルパン】西住みほ「私がマカロンが好きな理由」

1: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 18:05:25.53 ID:funSUXR60

 昔から『好きな食べ物は何か』と問われると、『特に無し』かその場で思い付いた適当な食べ物を挙げることが多かった。

 でも、実は愛してやまない本当に好きな食べ物がある。
 ちょっと口に出すのが恥ずかしくてなかなか人に言えないだけだ。

 それは『お姉ちゃんの作ったカレー』だ。


2: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 18:19:49.86 ID:funSUXR60

 私の姉は家事が全然出来ない。
 戦車の腕前は並ぶ者のない天才なのだが、その他が全くダメなのだ(こう言ったら沙織さんに「それを言ったらみぽりんだって相当なものだよ」と言われた。ちょっと納得がいかない)。

 母もかつては似たようなものだったらしい。
 父の言うことには、「あれでも大分マシになった方だよ、まほもやっぱりしほさんの娘だなあ」とのことだが、あれで大分マシならば、若い頃の母はどんなのだったのだろうか。


3: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 18:30:11.73 ID:funSUXR60

 小さい頃から戦車に関しては姉や母には敵わないと思って、せめてそれ以外のところで役に立ちたいと考えて父や菊代さんに頼んで料理や家事を教えてもらった。
 おかげで大洗で一人暮らしを始めた際には大変役に立った(ちなみに父はとても料理が上手い。学生時代の母はとても父の世話になったようで、「異性のハートを掴むにはまず胃袋を掴め」という沙織さんの教えは正しいようだ)。


4: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 18:40:12.75 ID:funSUXR60

 でも、姉もカレーだけは上手に作れる。『好きこそものの上手なれ』という諺があるが、あれだけはお金をとってお客さんに出せるレベルだ。
 その他のことが全然ダメなので余計に際立って見える。

 彼女はよく訓練の後や合宿の折などに、私や戦車道の仲間たちにカレーを作っては振る舞ってくれていた。
 逸見さんなどは過剰なくらい褒め称えていたくらいだ。
 惚れた弱みというやつだろうか。


5: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 19:07:27.48 ID:funSUXR60

 あれは確か私が15歳の頃だ、黒森峰女学園の学園艦が熊本に長期入港することになり、私と姉はしばらくの間、実家から学校に通っていた。

 ある日、私はちょっとした失敗をしてしまい、帰宅したのはとっぷりと夜も更けた頃だった。

 母にこっぴどく叱られ、夕食も摂らず空腹を抱えて惨めな気持ちのまま自室に帰ろうとした時、姉に呼び止められた。

「みほ、お腹空いただろ?カレー作ったんだ。一緒に食べよう」


6: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 19:20:03.79 ID:funSUXR60

 姉の部屋の開いたドアから、カレーの香ばしい香りが漂ってきた。
 私が帰ると連絡してから、あの短時間でどうやって作ったのかと思ったが、これは姉が時間や設備のない時に作ってくれる『さっと一手間カレー』だった。

 片手鍋でタマネギやニンニクのみじん切りを炒めて、そこにレトルトのカレーを開けて適当な調味料や香辛料を加えて軽く煮込む。
 姉が私と一緒に父に習ったやり方だ。


7: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 19:24:31.39 ID:funSUXR60

 だが、その時姉が作ってくれたカレーはいつもと違う点が二つあった。
 一つは付け合わせが何も付いていなかったこと。

 もう一つは普段よりだいぶ辛かったことだ。


8: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 19:39:11.79 ID:funSUXR60

 彼女がカレーを作ってくれる時は福神漬けなどの付け合わせが欠かせない。
 幼い頃、カレーの付け合わせは福神漬けがいいからっきょうがいいかで口論になり、掴み合いの喧嘩に発展したこともあった。
 その時は、時間がなくて用意できなかったのだと思った。

 相変らずとてもおいしかったが、いつもよりだいぶ辛く、一口食べただけで汗が出てきた。
 かなり香辛料が効いているようだ。


9: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 19:47:12.97 ID:funSUXR60

「お姉ちゃん、これ、いつもより辛くない?」

「ああ、これに合わせてあるからな」

 彼女が取り出したのは皿一杯に盛られたマカロンだった。


10: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 20:33:19.92 ID:funSUXR60

「カレーを一口食べてからこれを食べてみて」

 姉に差し出されたマカロンを一口かじってみると辛味がすぅっと退いて、その上で甘さがカレーのおいしさを引き立ててくる。

「お姉ちゃん、これ、すごくおいしいよ。こんなおしゃれなことよく知ってたね」

「まあ私もエリカからの受け売りなんだけどな」

「だと思ったよ、まあ逸見さんも赤星さんか直下さんあたりの受け売りなんだろうけど」

「それ、エリカが聞いたら怒るぞ」


11: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 20:49:11.27 ID:funSUXR60

 二人でカレーとマカロンを食べながら笑いあっていたら、失敗して落ち込んだことなんて忘れてしまっていた。
 心の底から彼女に感謝していた。

 あれから、いろいろな事があった。

 私のせいで姉や母だけではなく大勢の人に迷惑を掛けてしまったり、そのために私が戦車道からも家からも学校からも、全てを捨てて逃げ出してしまったり、その結果、姉と敵味方に分かれてしまったりした。

 でも、彼女は私たちが再び窮地に陥った時、自分の立場も顧みず仲間と共に助けに来てくれた。
 やっぱり彼女は世界で一番頼りになる私の自慢のお姉ちゃんだ。


12: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 20:52:33.16 ID:funSUXR60

 あれ以来、私は『好きな食べ物は何か』という問いに対し、マカロンと答えることにしている。

 
 「お姉ちゃんの作ったちょっと辛目のカレーに添えて」というのは相変らず秘密だが。



                          終


13: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 21:01:45.93 ID:funSUXR60

短くなったのでおまけ


『秘められた過去です!』


まほ「いやあ、わざわざ招いていただいてありがとう。君たちはみほに本当によくしてくれている、心から感謝するよ。本当にありがとう」

沙織「いえいえ、こちらこそみぽり…みほさんにはよくしていただいて」

優花里「こちらこそ、ドイツに行かれるのでお忙しいのに来てくださってありがとうございます」

華「みほさんは隊長の仕事が済み次第こちらに来るのでもうしばらくお待ちください」

麻子「いつぞやは本当にありがとう、とても助かった。こちらこそ心から感謝している」


14: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 21:07:40.70 ID:funSUXR60

まほ「いや、済んだことだから気にしないでくれ。しかし、みほは本当にいい友達が出来たなあ、転校したばかりの頃は、黒森峰以外の所でやっていけるのか、もう心配で心配で…」

沙織「あはは…」

優花里「本当にいいお姉さんですねえ」

まほ「みほは、みんなも知っての通り、家庭がちょっと複雑だったこともあって一時期荒れてたことがあって…」

沙織「ええっ!?」


15: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 21:11:58.83 ID:funSUXR60

華「荒れてたって…、もしかしてグレてたってことですか?」

まほ「ああ、かなりな」

優花里「に…西住殿に限ってそんな…」

麻子「意外だなあ」

沙織「荒れてたって、具体的にはどんな感じだったんですか?」

まほ「身内の恥を晒すようなことなのでここだけの話にして欲しいんだが…」


16: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 21:16:57.68 ID:funSUXR60

まほ「まず、男遊びが大好きだったんだ」

一同「えええええっ!!」

まほ「それも、男性を泣かせるようなことばっかりしていて…」

沙織「やだもーやだもーやだもー…」(ゲシュタルト崩壊中)

優花里「う…うわぁ…」

華「み…みほさんがそんな人だったなんて…」

麻子「ちょっと想像がつかないな」


17: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 21:21:31.26 ID:funSUXR60

~まほの脳内回想~

みほ(6歳)「ライダーっキぃぃぃック!」

近所の男児「うわああん!みほちゃんが蹴ったぁぁ!」

しほ「ちょっと!なんてことするの!ケンちゃんに謝りなさい!本当にこの子ったら男の子のするような遊びばっかりやって…」

まほ(7歳)「…」


18: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 21:24:04.56 ID:funSUXR60

まほ「それに、あの歳で酒癖がすごく悪くて…」

沙織「えええっ!?」

華「確かに、九州の人って酒豪が多いってイメージがありますが…」


19: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 21:29:10.30 ID:funSUXR60

~まほの脳内回想~

みほ(10歳)「てやんでえバーロー!なにが戦車だ鬼ババア!」

しほ「ちょ、ちょっと、なんの騒ぎ?」

菊代「あ、奥様、ひな祭りなんでみほお嬢さまに甘酒差し上げたらあんなことに…」

しほ「この子ったら、将来が思いやられるわ…」

まほ(11歳)「…」


20: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 21:31:19.51 ID:funSUXR60

まほ「挙句の果てには警察のお世話になる有り様で…」

麻子「うひゃあ…」

優花里「まあそうなるでしょうね…」


21: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 21:37:35.68 ID:funSUXR60

~まほの脳内回想~

警官「あー君、こんな時間にこんなとこで何してるのかね」

みほ(15歳)「あ…あの…、ここ、どこでしょうか…。迷っちゃって…」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

菊代「あの…、奥様、警察から迷子になったみほお嬢さまを保護したと連絡が…」

しほ「またぁ!?本当にあの子ったら何やってんの!」

まほ(16歳)「菊代さん、ちょっと台所借ります」


22: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 22:18:03.12 ID:funSUXR60

まほ「いろいろあったが、みほがこんなに立派に立ち直ってくれて…」

一同「…」

みほ「みんな、お待たせ!お姉ちゃん、大洗にようこそ!」

一同「…」

みほ「あ…あれ?みんなどうしたの?」

沙織「みぽりん!私、どんなことがあってもみぽりんの味方だからね!」

優花里「私もです!一人で悩まないでなんでもおっしゃってください!」

華「私たちで出来ることならなんでも力になりますから!」

麻子「そうだぞ、我々は仲間じゃないか」

みほ「…お姉ちゃん、何を言ったの?」

まほ「別に?」


                     終


23: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 22:24:54.09 ID:funSUXR60

おまけその2

『続・秘められた過去です!』


優花里「お母さん!お父さんってミュージシャンだったの!?(らぶらぶ作戦11巻参照)

19031513562.jpg


好子「そうね、優花里には話してなかったけど、お父さん…淳五郎さんはインディーズで活躍してたミュージシャンで、お母さんはそのグルーピーだったの」

優花里「ええっ!」


24: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 22:36:32.67 ID:funSUXR60

好子「お父さんの出演してたハコ…ライブハウスはいつも満員だったわ。そんな時、ライブが終わった後の楽屋に、レコード会社の人がスカウトに来たのよ」

優花里「そっ…それで!?」

好子「それでね、ビッグになるのが夢だったお父さんはその誘いに乗って、それでメジャーデビューが決まったの」

好子「メジャーになって最初のシングルは結構売れたの。でもその後が鳴かず飛ばずで…」


25: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 22:42:57.66 ID:funSUXR60

好子「ちょうどその頃お母さんはお父さんと暮らし始めた頃で、お父さん本当に悩んでいたわ。口癖のように『一発屋にはなりたくない、一発屋では終わらない』って言ってたの」

好子「でね、一発屋になりたくなかったお父さんは理容師の免許を取って散髪屋になったの。で、出来たのがこの店よ」

優花里「お母さん…、さすがにウソでしょ?」

好子「…わかる?」



                                完


26: ◆fAZN3Fdeic 2019/03/14(木) 22:43:30.43 ID:funSUXR60

以上です。



『ガールズ&パンツァー』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿