カズマ「このパーティの絵、若干俺らにそっくりじゃねぇか?」

カズマ「このパーティの絵、若干俺らにそっくりじゃねぇか?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/06(木) 18:24:57 ID:.wPdItsk

※このすばとFF5のコラボSSです。ただし、このすば中心であり、FF5のキャラクターは出て来ません。
※後、短めです。

~ある日~

カズマ「これなんだけどさ…」パサッ

アクア「なによこれ?」

カズマ「街の外に散歩に出た時に拾ったもんだ。良く確認したら見た事のない人物4人の絵が描かれた用紙だった」

めぐみん「ですが、これは一体どういう意味でしょうか?」

カズマ「俺に聞かれても分からん。とにかく誰が何の目的で誰かの絵を描いて、なんで落としたのかもさっぱりだ…。」

ダクネス「なんだかおかしなものだな。で、カズマは拾ったこれを持ちかえってどうするつもりだ?」

カズマ「そういや、気になって一応持って帰っただけで、これをどうするかは考えてなかったな」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/06(木) 18:31:25 ID:.wPdItsk

カズマ「にしても…この人物たちの絵、良く見たら4人のうち三人は女性、一人は男って感じだな」

アクア「あら、本当ね」

めぐみん「そういえば、そう見えるような、見えないような気もしますが…」

ダクネス「私の眼にはしっかりそう見えるぞ」

カズマ「んで、これって誰かのパーティ…だと俺は思う」

アクア「そうね。絵の服装もなんだかそれっぽいしね」

めぐみん「では、これはどこぞのパーティを描いた絵、という事ですか」

ダクネス「そうなると、モデルはどこのパーティだろうか…」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/06(木) 18:40:57 ID:.wPdItsk

カズマ「そんで、このパーティの絵、若干俺らにそっくりじゃねぇか?」

アクア「えっ、そんなに似てるかしら?」

めぐみん「顔が似てませんが…?」

カズマ「いや、顔じゃなくて…パーティメンバーが4人で、そのうち三人が女、一人が男って所だよ!」

ダクネス「おぉ、確かにそうだな! 私たちはちょうど4人、女性は私とアクア、めぐみんと三人で、男性はカズマと一人だ…ピッタリ当てはまるぞ!」

めぐみん「成る程。カズマが言ったのはそこでしたか」

アクア「私たち以外に、同じ形態のパーティが存在してたとしたら、この絵の男は美女に囲まれてさぞかし幸せ者ね…私たちみたいに」チラッ

カズマ「こっちみんなよ! 俺も同じ幸せ者だって言いたいのか?(まぁ、こいつら実力はともかく、顔は結構可愛いけどさ…。)」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/06(木) 18:55:14 ID:.wPdItsk

カズマ「それともう一つ似ているとこがあってよ…例えば、この絵の男は、俺で当てはまるとして…」

カズマ「この男の右隣に居るパッと見クールで、カッコいい感じの女は、ダクネスに当てはまりそうだな」

ダクネス「わ、私か!? だが、クールにカッコいいと言われると…なんだか照れくさい…ような///」

カズマ「んで、男の左隣に居るパッと見大人しくて優しそうな女は、まぁ…アクアに当てはまりそうかな…?」

アクア「まぁってなによ!? だけど、大人しいは別として優しそうじゃなくて、そこは本当に優しいって言ってほしいわね!」

カズマ「で、最後、その女の更に左隣に居る周りよりも背が低いロリッ子みたいな女は、めぐみんで確定だな」

めぐみん「おい、ロリッ子で私と当てはめる件、その辺の話をじっくりとしようじゃないか!!」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/06(木) 20:59:18 ID:.wPdItsk

カズマ「顔は別として、このパーティの絵の4人それぞれ、顔付きや背格好とか俺らに当てはまりそうだろ!」

アクア「まぁ、否定は出来ないわね…。」

めぐみん「でも、本当にモデルはどこのパーティの誰なんでしょう?」

ダクネス「絵だが、顔はこの辺りでは見ない顔だ。つまり、アクセルではなく、別の街に住む者たちかもしれないな!」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/06(木) 21:21:19 ID:.wPdItsk

ダクネス「んっ、良く見たら、それぞれの人物の近くに小さく名前が書いてあるぞ!」

めぐみん「あ、ほんとです!!」

アクア「という事はそれぞれの人物の名前がはっきり分かってるって事ね!」

カズマ「どれどれ……」

カズマ「クールで、カッコいい感じの女の名前は『ファリス』、大人しくて優しそうな女の名前は『レナ』…」

カズマ「背が低くてロリッ子みたいな女の名前は『クルル』、んで真ん中の男の名前は『バッツ』って、書いてあるな!」

ダクネス「私と雰囲気が似ている女性の名は、ファリスか…。良い名だが、ファリスは本名ではなく別に名前があるような気がするな…」

めぐみん「クルルですか…。私の名前と比べたら、クルルというのは変わった名前ですね」

アクア「レナ…ありきたりの名前ね!」

カズマ「かっけぇな、バッツって名前。俺もカズマって名前捨てて、改名でもしようかな…」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/06(木) 21:36:30 ID:.wPdItsk

カズマ「あ~ぁ、このバッツって奴が羨ましいなぁ~」チラチラッ

カズマ「ダクネスと比べて、このファリスって奴は敵に攻撃を当ててくれそうだし、性癖もなくしっかりやってくれそうだな」チラッ

ダクネス「っ!?」

カズマ「アクアと比べて、このレナって奴は勝手な動きはしないで指示に従ってくれそうで、馬鹿にすることなく優しくしてくれそうだな」チラッ

アクア「っ!?」

カズマ「めぐみんと比べて、このクルルって奴はたくさん魔法を使えて即戦力になってくれそうで、労力も無駄にならずに済みそうかもな」チラッ

めぐみん「っ!?」

アクア「な、なによおぉぉぉーー!? そういうカズマだって比べたら、このバッツって奴の方が顔もいいし、ヘタレでも変態でもなさそうで、しっかりしてそうよ!」

めぐみん「カズマにこうも言われるのは…ショックです」

ダクネス「ハァハァ、こ、こんなにも他人と比較され、罵倒を受けるのは初めて/// これは貴重な経験をした!!///」ハァハァハァ


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/06(木) 21:53:05 ID:.wPdItsk

カズマ「でも…まぁ、この絵のパーティと違って…俺らパーティにだっていい所はあるだろうし、別に無理に羨ましいとか考えなくてもいいか…。」

アクア「!」

めぐみん「カズマ…」

ダクネス「うんうん、今のはイイ事を言ったぞ、カズマ」

アクア「そうよ。私たちのパーティだって、それなりの良さはあるわよ」

めぐみん「ありのままでいいんですよ」

ダクネス「あぁ。私たちは私たちだ!」

カズマ(うんうん…。このパーティの絆は少し高まったかな。この絵のおかげかもな…)

その後、カズマ達はこの絵のモデルとなったパーティについて調べたが、詳しい情報は得られず、後日カズマとアクアは絵が描かれた用紙は別に存在する世界から何かしらのはずみでこの異世界に紛れ込んだ、と推測した。



おしまい



『この素晴らしい世界に祝福を!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿