マミ「お寿司をご馳走するわ!」

マミ「お寿司をご馳走するわ!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 20:19:57.16 ID:MvjxKVYOO

杏子「マミ!?まじか!?」

マミ「もちろんよ、しかも回らないお寿司よ!」

さやか「マミさん太っ腹ぁ!!」

まどか「マミさんほんとにいいの?高いのに…」

マミ「私達が魔法少女チームを結成してから、ろくにお祝いなんてしてこれなかったでしょ?ここは先輩の顔を立てると思って遠慮せずに…ね!」

まどか「マミさん…!」

ほむら「そういうことなら、ありがたくご馳走になるわ」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 20:20:51.92 ID:MvjxKVYOO

へいらっしゃい!

まどか「わあ~!回らないお寿司なんて初めて!」

杏子「まさか生きているうちに寿司を食べることができるなんてな…」ぽろぽろ

さやか「さ、さすがに大げさだって」

マミ「みんな遠慮なく好きなのを頼んで頂戴」

ほむら「とりあえずメニューを見てみましょうか」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 20:21:39.37 ID:MvjxKVYOO

マミ「あらっ、これって!」

杏子「おおっ!」

まどか「すごい偶然だね」

ほむら「セットの名前が巴、円、焔に杏。まるで私達みたいね」




さやか「…あれ?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 20:22:35.91 ID:MvjxKVYOO

マミ「私は巴にするわ!」

杏子「じゃああたしは杏!」

ほむら「私はあえて円にするわ」

まどか「も~ほむらちゃんったら~、それなら私は焔にしちゃお!」

ほむら「ま、まどか…///」


あはははは!












さやか「ねえ。」

マミ まど あん ほむ「ッ!?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 20:23:52.89 ID:MvjxKVYOO

さやか「私は?」



まどか「あっ、あれ~?おっかしいな~さ、清はどこかな~?」

マミ「もしかしたら大人数用のメニューに…載ってなかったわ…」

杏子「まさかだけどこれじゃねえか?」ユビサシー





助六 600円



ほむら「すwwwwwけwwwwwろwwwwwくwwwwwお似合いよさやかwwwwwwwww」(悪い冗談はやめなさい杏子)


さやか「」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 20:25:05.41 ID:MvjxKVYOO

まどか「もう!杏子ちゃんにほむらちゃん!」


杏子「じょ、冗談だって」

ほむら「ごめんなさいwwwwwwww」


マミ「美樹さん、名前なんか気にしないで好きなのを頼んで

さやか「名前なんかってなんですか。私だけ除け者にして。」

マミ「美樹さん…」


まどか「さやかちゃん大丈夫?」

さやか「なに?同情?じゃああんたが助六注文してよ」

まどか「うう…」


さやか「無理でしょ。当然だよね。ただの同情で注文変えられるわけないもんね? 」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 20:26:06.65 ID:MvjxKVYOO

ほむら「美樹さやか、いい加減にしなさい」

杏子「気にしすぎだっつーの」


さやか「マミさんすいません。今日はもう帰ります。」ガラガラっ


まどか「さやかちゃん…」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 20:27:09.13 ID:MvjxKVYOO

マミ「みんなごめんなさい、もう少し下調べしておけば…」

杏子「マミが気にすることはねーよ」

まどか「でもさやかちゃん以外のみんながあって、さやかちゃんだけないのも…」

ほむら「逆に奇跡ね」

マミ「どうしましょう、新しい子の歓迎会もここにしようと思ってたのに…」

杏子「なぎさって子だっけ?」






まどか「うーん…そうだ!」

まどか「あの店主さん、お願いがーーー


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 20:27:46.87 ID:MvjxKVYOO

しばらくして…


マミ「なぎさちゃんが加わった記念に歓迎会をやるわよ!」

なぎさ「え、そんな、わるいですよぉ」

マミ「だめよ遠慮しちゃ、こういうのは素直に喜べばいいのよ!」

なぎさ「わ~い!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 20:29:45.33 ID:MvjxKVYOO

杏子「んで、どこに行くんだ?」


まどか(マミさん!)ちらっ←アイサイン

マミ(ええ鹿目さん!わかってるわ、こないだのリベンジね!)こくり


マミ「お寿司屋さんにいくわ!」

なぎさ「ほ、ほんとうですかぁ!」

杏子「やりぃ!」

ほむら「ちょっと、大丈夫なの巴さん…?」



さやか「あの、私は行きません。」

まどか「ねえさやかちゃん。」

さやか「まどか…?」

まどか「大丈夫だよ。安心して、私を信じて。」

さやか「まどかが言うなら…」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 20:30:45.35 ID:MvjxKVYOO

へいらっしゃい!


さやか「…」

マミ「さあ選んでちょうだい」


なぎさ「え~と…あっ!わたしの名前と同じ渚があるです!」

さやか「!?」

まどか「この間店主さんにお願いしたんだよ!もちろんさやかちゃんのもね!」



店主「…」b グッ


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 20:31:51.78 ID:MvjxKVYOO

さやか「ま、まどかぁ…!」うるうる


まどか「さあ、さやかちゃん!さっそく注文してね、この… ぺらっ












海鮮助六 1380円



ほむら「ぎゃははははははwwwwwwwwww人魚だけにwwwwwwww海鮮ってwwwwwwwwwwんひぃぃぃぃぃぃwwwwwwwwwwww」

まどか さやか「」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 20:32:49.57 ID:MvjxKVYOO

さやか「あはははは!その気になればメニューなんて完全に消しちゃえるんだ!」ぽろぽろ

マミ「み、美希さん!」

まどか「店主さん!どうして!」





杏子「おい店主!この新しい「桜」ってメニューもしかして…」

店主「…」b グッ

杏子「あ、あんた…!ありがとよ!」



まどか「違うでしょおおおおおおおおお!!!!!!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 20:33:43.58 ID:MvjxKVYOO

さやか「だれかの幸せを祈った分、他の誰かを呪わずにはいられないんだ…」ぐもももも


まどか「ヤバイ!さやかちゃんが魔女化する!グリーフシードは…まずい、品切れだ!」

まどか「だ、だれかさやかちゃんにグリーフシードを




なぎさ「おいしいです…!おいしいです…!」うまうま

マミ「うふふ!もっとふと、食べなさい!」(太れ!太れ!)

杏子「うめー!」もぐもぐ

店主「…」b グッ

ほむら「んひぃぃぃぃwwwwwんひぃぃぃぃwwwww」げらげら




まどか「だーめだこりゃ」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 20:35:12.22 ID:MvjxKVYOO

さやか「あたしって、ほんと…」


まどか「あっ」


さやか「助六」ぱりーん!


まどか「さやかちゃぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!」


魔女「ヴォオオオオオオオオオ!!!!!」











ー 板前の魔女 ー

その性質は職人。
在り無しメニューを夢見ながら寿司屋ごと移動する魔女。彼女は握り続ける、その名にふさわしい寿司が握れるようになるまで。その時が永遠に訪れることがないことを知らずに…


まどか「みんなもお寿司屋さんのメニューには気をつけようね!」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 20:36:19.89 ID:MvjxKVYOO

以上、おあいそです。

19011720501.jpg



おすすめ記事

23. 名も無きブルマーズ2019年01月30日(水) 22:11 ▼このコメントに返信
コメントの投稿